ビタミンC誘導体と角栓の関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
レモン

美白や毛穴ケア化粧品によく配合されているビタミンC誘導体。

そのビタミンC誘導体入りの化粧水や美容液を角栓の除去後の保湿ケアとして使うのはどうなのでしょうか?

ビタミンC誘導体とは

美肌効果が期待できるとしてビタミンCは有名ですが、ビタミンCは空気に触れると酸化しやすく、水に溶かすと活性を失いやすいため、肌に浸透されることは難しいとされています。

そこで、肌に浸透しやすく改良されたものがビタミンC誘導体です。

ビタミンC誘導体で期待できる効果

ビタミンC誘導体には以下の作用があります。

  • メラニン生成を抑える
  • 抗炎症作用
  • 皮脂の抑制・コントロール
メラニンの生成を抑える

しみの元となるメラニン色素の生成や色素沈着を抑えることができるといわれています。

メラニンが原因で目立っている毛穴のケアにも有効です。

抗炎症作用

抗炎症作用とは炎症を抑える働きをするという意味です。

詰まった皮脂の炎症が原因でできてしまうニキビケア化粧品によく使われています。

皮脂の抑制・コントロール

オイリー肌やインナードライ肌といった肌質は、皮脂が過剰分泌されるなど肌の油分と水分のバランスが崩れているからといわれています。

また、皮脂が過剰に分泌されると角栓も詰まりやすくなりますし、ニキビ、黒ずみの元ともなります。

この皮脂量をコントロールする作用でこういった肌トラブルを防ぐことができます。

化粧水にビタミンC誘導体入りのものを

化粧水やクリームなどにビタミンC誘導体入りのものを使い、美容液をセラミド配合のものを併用していくのが一番おすすめです。

美容液は各メーカーが最新の技術を駆使して開発した成分が贅沢に配合されているアイテムなので、一番取り入れたい成分が入っているものを選ぶと良いですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。