酵素洗顔やピーリングで角栓を除去!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フルーツ

角栓を取るならピーリングや酵素洗顔がおすすめです。

しつこい角栓は毛抜きや毛穴パックも有効ですが、やりすぎると肌を傷つけます。

ピーリングや酵素洗顔は角栓の元となっている古い角質を溶かして除去する作用があり、普段のスキンケアに取り入れやすく肌を傷つけるリスクも低いです。

この2つはそれぞれどんな効果が期待できるのでしょうか?

ピーリングとは?

ピーリングとは「皮を剥く」という意味があり、肌の古くなった角質を溶かして除去するスキンケア方法のことです。
ピーリングには、リンゴ酸、レモン酸など天然由来のフルーツ酸が配合された低刺激のAHAと強めの刺激で洗浄するBHAという成分が配合されているものがありますが、肌への負担を考えるとAHA配合のものをおすすめします。

ピーリングで期待できる効果

  • くすみをとって明るい肌へ
  • 古い角質を除去することでターンオーバー(新陳代謝)サイクルの正常化
  • 角質を除去することで保湿・美容成分が浸透しやすくなる

酵素洗顔とは?

酵素はもともと人間の身体にあるもので、たんぱく質や皮脂の分解を促すはたらきをします。
この作用によって古い角質や皮脂、毛穴の汚れを取り除くことができます。

酵素洗顔で期待できるポイント

  • 角栓の原因となるたんぱく質・角質だけ取り除くことができる
  • 古い角質を除去することで肌が明るくなり美白効果も
  • 角質をとることで保湿成分が肌の奥まで浸透

ピーリングと酵素洗顔の違い&どっちがいい?

どちらも配合されている成分に違いはありますが、古い角質や余分な皮脂を除去するという作用は同じです。

ただ、酵素洗顔もピーリングも普段のスキンケアに比べたら刺激が強く、合わない人は肌荒れを引き起こすこともあります。

どちらが合っているのか、効果はどちらのほうがあるのかは肌への状態と相談しながら使用してみてください。

週2回の使用がおすすめ

酵素洗顔やピーリングは肌への負担が小さいとは言えません。

角栓を頻繁に取って、またすぐに取ってしまうと毛穴が閉じきらないうちにまた角栓が取れるので毛穴が開きっぱなしになる可能性があります。

また、ターンオーバーのサイクルが崩れて肌荒れを引き起こすことも。

酵素洗顔やピーリングは週1,2回のスペシャルケアとしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。